PCの電源が急に落ちました

パソコンにトラブルはつきもの。
毎日正常に使っていたパソコンが次の日には起動しなくなることもあります。

パソコンのトラブルについては詳しい方がネットで対処法など書いておられるので検索して調べてもらえればいいのですが、ちょっと気付きにくいことがあったので残しておこうと思いました。

パソコンの不調の始まり

パソコンは自作(ケースはATXタイプ)で使い始めてから1年少し経った頃、一日の終わりにはパソコンをシャットダウンさせているのですが、ある日突然電源が入らなくなりました。

ちょっと焦りましたが、とりあえずパソコンから電源プラグやら取り外すのが基本だというのは知っていましたので、取り外して数時間放置してみました。
よく10~30分ほど取り外すだけで直るような事も聞きますが、今回の場合それではダメだったのです。

数時間放置すると、パソコンのスイッチが入るようになり一安心しましたが、その日以降、原因が分からないままこの症状が続いてしまい、一日の終わりには電源プラグなどを取り外していました。
電源プラグを外しておくと翌日は問題なく使用出来たからです。

よく我慢したもので、半年ほど経ち、最近は2~3時間使うと作業中に急に電源が落ちることが頻発しました。
これではさすがに他のパーツにも影響が出てくると思い自分に分かることだけで確かめてみました。

  1. 電源が落ちる時にブルー画面になるかどうか
  2. パソコンケース内の空気の流れやファンは回っているか
  3. CPUの温度について問題ないか
  4. SSDやHDD、メモリの確認。(システムはSSD、データはHDDとしています。)

電源に問題がある場合、簡単に検索してみると上記のようなことがチェック項目だと分かります。

1についてはブルー画面にならないのでウィルスではないと判断。
4についても直前まで読み書き出来ているので優先順位は低いと考えました。

3についてソフトで計測していたところ、30度ほどで電源が落ちましたのでこれも優先順位を下げました。

となると、2があやしいのですが、CPUファンもケース内排気ファンもちゃんと動いています。

気付き難い電源のファン

最近のパソコンケースは電源を下に配置するタイプが多いのですが、私が使っているのは上部配置のタイプでした。(昔のスチールケースが気に入っていて使っています。)

電源にもファンは付いているのですが、ケース下に配置するタイプはケースの種類によってファンの見える方を下にして設置する為、ファンをあまり見ることはありません。

今回、たまたまケースの内部をチェックしながら電源を入れてみると、電源のファンが動いていないことに気が付きました。
(ケース上部に配置の場合、電源のファンは下からのぞきこむことが出来る。)

私の使っている電源は一定の温度になるまでファンが動かない静音設計タイプだったのですが、小一時間経っても、触って熱さを感じるようになっても動く気配はありませんでした。

パソコンがコンセントに挿しっぱなしに出来ない時点で電源が原因だと分かるのですが、ファンも故障していたとは予想外でした。(気付かないうちに徐々に悪くなったのでしょう。)

今回は電源が見える位置にあったので良かったのですが、ケース下部に配置されている方は注意が必要かもしれませんよ。

故障はしたけれど電源は良い物を選びたいですね

安定重視で選んでいた電源でしたが、残念ながら故障してしまいました。

でも5年間新品交換保証が付いているモノだったので、ちょっと高くても良いモノを選んでおいて良かったなぁと思いました。
メーカー保証なので交換するのに電源を購入店に持って行くのが面倒でしたが仕方がありません。

また、交換されるまでの約数週間、パソコンが使用出来ないのはつらいところです。
(購入店で故障と確認されたらその場で交換してくれたら良いのですが…ねぇ。)

後日談

購入店で「急いでほしい」と頼んでいたので実質1週間で新たな電源が手元に戻りました。

使っていたモノが生産終了だったため、嬉しいことに少しバージョンアップされたモノに交換されていました。

新たな電源を取り付けると何事もなかったかのように快適に作動しています。
電源のファンにも注意が必要なのが分かりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする