自宅の確認申請図書をお持ちですか

自宅の確認申請図書をお持ちですか

建売業者から新築建物を購入後に確認申請図書を受け渡してもらっていない方がおられるようです。間取りを変更するようなリフォームでは確認申請図書が重要になってきます。自宅の価値を下げない為にも確認申請図書や検査済証などの有無を調べておきましょう。

小さい家づくりに工夫を凝らす

小さい家づくりに工夫を凝らす

小さい家だからこそちょっと贅沢に建ててみたいと考えておられる方が増えてきています。計画建物の大小に関わらず、家を建てるには様々な法律や条例によって制限があるわけですが、納得できる家づくりをする為には住まい手の想いをくみ取って形にしてくれる建築士を見つけることが大切です。

旅館業法の申請が厳しくなる

旅館業法の申請が厳しくなる

これまで共同住宅などの一室に対して旅館業法の申請は可能でしたが、平成30年3月15日から施行される条例改正(京都市)によって住宅との混在は難しくなります。今まで可能であった申請が出来なくなることもありますので、計画段階で一度医療衛生センターに相談しましょう。

京都市の民泊について

京都市の民泊について

2018年6月に住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されますが、営業日数(年180日以内)などは各自治体によって条例で短縮されるようです。民泊新法の施行を待って運営を検討されている方もおられるかもしれませんが、あまりメリットが無いように思われます。

生活建築学講座スタート

生活建築学講座スタート

市民大学院には、文化経済をはじめ色々な専門分野に関心のある専門家や社会人、学生が集われています。 『生活建築学』講座では皆さんが研鑽されて...

屋根材も選んで良いんです

屋根材も選んで良いんです

家の外装材(屋根材や壁材)は建築当初から様々な気候にさらされることになります。激しく降る雨、強烈な日差し、暴風、冬季の冷気などから私達の生活を守ってくれています。ですから、外装材には耐候性が求められるようになってきましたが、外壁材に比べ屋根材には興味を持たれない方が多いような気がします。

東京北欧市May.2017に出店します

東京北欧市May.2017に出店します

5月13日(土)~14日(日)まで東京オーヴァル京王閣にて『第11回東京蚤の市』が催されます。この会場の一角に『東京北欧市』のエリアがあり、“retro number”(レトロナンバー)として出店します。北欧ヴィンテージ食器や雑貨を選んでみて下さい。

リフォームのむずかしい家

リフォームのむずかしい家

依然として建売住宅などで聞かれるクレームは施工不良の問題やリフォームの難しさが多いようです。建売住宅ですから“それなり”といっても施工不良では困ります。最近、偶然目にした住宅会社へのクレームの中で、リフォームが難しいという意見も多く見られました。