住まいの計画

陸屋根・ルーフバルコニーの選択

住宅の屋根の形状には色々種類がありますが、大きく分けると勾配屋根か陸屋根になります。一般的な木造住宅の場合、ほとんどが勾配屋根になっていますが、台風などで屋根の被害が大きくなるとこれからの家づくりでは陸屋根も積極的に検討していった方が良いのかもしれません。
仕事

ブルーシートの詐欺被害に合わないために

台風で被災された地域で屋根にブルーシートを被せるだけで高額な費用が請求されるという事が問題になっています。修繕される方が少ないのは分かりますが、詐欺被害に合わない為には適正価格を知っておいた上でちゃんとした屋根屋さんや大工さんにお願いしましょう。
住まいの計画

オール電化の家は大丈夫?

災害で被災されている地域の情報を知ると、電気や水道などのインフラがストップするのが恐ろしく感じます。「家がオール電化だから…」とおっしゃっているのを聞くと不安を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。残念ながら電気が無いと何もできない
スポンサーリンク
住まいの計画

暑い家は建てたくない!

建売住宅はもちろんですが、注文住宅であっても意外に屋根材と外装材に予算を掛けられている方は多くはありません。しかし近年の異常な暑さは家の中を暑くするだけではなく家自体にダメージを与えています。屋根材と外壁材、遮熱材と断熱材が大切です。
住まいの計画

木造の家を活用しやすく、建てやすく

建築基準法の一部を改正する法律(平成30年法律第67号)が本日(令和元年6月25日)施行されました。200㎡以下の用途変更の確認申請が不要となること、耐火構造等としなくてよい木造建築物の範囲が拡大したこと等で、既存住宅の活用や木造建築の推進がなされています。
仕事

HASは設立50周年です

HAS建築研究所は令和元年で設立50周年を迎えました。小さな建築設計事務所ですが、一つ一つ丁寧に様々な建築に携わってきています。新築・建替え・リフォームなど、ご家族の皆さんが家にいたいと思えるような安心・納得の家づくりのお手伝いをしていきたいと思っています。
住まいの計画

京都市で用途変更する

用途変更には住宅や事務所からゲストハウスにされたり、店舗や飲食店にされたりする方が多いです。これまではすぐに潰して建てての繰り返しでしたが、住宅の一部を店舗にして住みながら自分のお店をされる方も多いみたいです。確認申請図書と完了検査済証があれば検討してみてもいいかもしれませんね。
住まいの計画

平成から令和への家づくり

平成時代で思い出される家づくりは、2階建てから3階建てが主流になってきたこと、そして最低でも一家に一台車の駐車スペースを設けることでしょうか。敷地内に車が二台駐車できるようにするのも珍しくはありませんでした。
住まいの計画

京都市で理想の家づくり

価値観が多様化してきたことで、建売住宅のように同じような家を買ったり建てたりすることがもったいないと思われる方が増えてきています。家が古くなったらすぐに建替えるということはない時代ですから益々、自分達の住まい方に合った家づくりをしてみましょう。
住まいの計画

安くて良い家はないです

家を建てるのも買うのも、出来れば安くしたいと考えられるのは当然のことと思います。しかし、残念ながら“良い家”は安くでは手に入りません。比較的安く購入できる家は一つの魅力かもしれませんが、どうしてそんなに安くできているのかを考えてみる必要があるのではないでしょうか。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました