家づくりの最初の一歩

雑誌や広告で家に対する理想はあるけれど、実際に想像してみると住まい方のイメージがぼやけていることはないでしょうか?
現実的に考えて、計画している土地に対して「どれくらいの家が建てられるか分からない」とか、「どういった建て方(住まい方)が良いのか分からない」など、実は多くの方がそう思っておられます。
理想のイメージは参考までにして自分達の生活スタイルに合った家づくりをしてみませんか。

相談してみると見えてくる我家の形

計画している土地に対して可能かどうかは別として、大まかな方向性としてまず最初に検討されるのが車の有無(又は台数)、個室の数、ダイニングとキッチンとの動線についてでしょう。

『車が1~2台駐車出来て、4LDKで対面キッチンが理想…。』

なんて文字にしてしまうと簡単ですが、最初のとっかかりとしては皆さんそんな風に考えておられるのではないでしょうか。
一般的にニーズのある条件なので住宅情報誌でも要件を満たしている建売住宅を見つけられることでしょう。

しかし、その間取り(住まい方)は本当にお客様の生活スタイルに合ったものでしょうか?

HAS建築研究所が考える『家づくり』はお客様の(過去・現在・未来の)生活スタイルを出来るだけ考慮したものになっています。

一つの部屋の間取りのとり方についても利便性や将来性を考えたりします。
それは例えば家族の息子さんの個室なのか、娘さんの個室なのか、趣味などによっても変わってくることもあります。

また、収納においてはウォークインクロゼットが理想だと思われる方も多いのですが、生活スタイルによっては分散したり、形状も奥行きの無いクロゼットの方が便利な場合もあります。

一緒にお話してプランニングしていく中でお客様の住まい方に合った間取りが完成していき、イメージもだんだん明確になっていくことでしょう。

【HAS建築研究所ではお客様の生活スタイルなどを反映させるために、ヒヤリングを大切にしています。】

我家を長く活用する為に

お話しを進めていくと自分達の好きな“住まい方”はこうだったなと気付いたり、こういうのが理想な“住まい方”だなというのが分かってきます。
雑誌などで見る理想を参考までにして欲しいのは、それらがけっして自分達の生活スタイルに当てはまらないということもあるからです。

HAS建築研究所の考える家づくりには、やはりせっかく我家を建てられるのだから長く楽しく住んでいただきたいという想いもあります。

未来的な生活スタイルについてもお伺いするのは、ご家族の住まい方の変化によってリフォームし易いように前もって工夫しておく為でもあります。

これまでにも書いていたと思いますが、建築士による設計図書があることによって、仮にリフォームが必要になった場合でも、費用が抑えられることにもつながると思います。

家づくりには少なからず費用が掛かります。
大切な予算を有効に使って長く住める我家を建てていただきたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました