その住宅設備は本当に必要ですか?

今年は本当に自然災害が多く、家づくりのなんたるかを考えさせられた年となりました。
これから家づくりを計画されている方は出来るだけ丈夫でいざという時の災害にも困らないような家にしたいと思われているのではないでしょうか。
備えることは必要ですが、間違ってしまうと無駄にお金を捨ててしまう事になるかもしれません。
ぜひ、一考してみて下さい。

太陽光パネルに蓄電池システム、貯水タンクは本当に必要なの?

昨年、今年の大きな災害を見ていると停電と断水には本当に困らされることが分かります。

その為、様々な住宅関連メーカーが災害時に役立つという事で太陽光パネルや蓄電池システム、貯水タンクなどを提案しています。

中には電気自動車の電力がいざという時に家の電気として使用できると宣伝されていますが、災害時に役立つのでしょうか。

これらの設備は【災害時に】本当に有効なのか?

太陽光パネルは環境に優しいが、環境に左右される

太陽光パネルで再生可能エネルギーである太陽光を電力に変換して利用することができ、環境に優しいのは周知の通りです。

しかしながら、太陽光パネルに影が落ちると発電効率が悪くなる為、設置できる場所は開けた地域に限られます。

太陽光パネルの設置には自治体による補助金があったり、余った電力を売る事も出来ますが、それでも初期費用は高額で、売電についても思っておられるほど費用の回収に繋がるものではありません。

実際には環境に配慮し、自宅で使う電気を少しでも賄う事が出来ればそれでかまわないとおっしゃる方に勧められる設備だといえます。

蓄電システムは嬉しいけれど屋外設置型は心配

太陽光パネルで発電した電気を蓄電することが出来るようになると、家で使う電気が効率良くなるわけですが、当然ながら蓄電設備を設置する必要が出てきます。

一般的に地面近くに設置するのですが、床上浸水するような洪水の事を考えると電気設備だけに心配になってしまいます。

蓄電システムは太陽光パネルとセットで考えられることが多いですが、災害時のことを考えると太陽光パネルは設けず、室内置きの出来る小型の蓄電設備(スタンドアロンタイプ)を選択することもお勧めできます。

確かに太陽光パネルは再生可能エネルギーを利用し環境に優しいですが、太陽光パネルが台風による飛来物で破損した場合、修理や買い替えをしない限り本来の効率を成さなくなってしまうのです。

自宅が災害に合った時に修理個所が増え、余計な費用がかさむのは抑えたいですよね。

便利な設備が付けば付くほど、後々日常的、定期的なメンテナンス、経年劣化による買い替えが必要となってきます。

そういったことを考えると、小型で室内置きの出来る蓄電設備であれば、普段は深夜電力で充電しておきながら効率よく利用でき、いざという時にも最低限の給電をしてくれます。

この方が太陽光パネルという大きな設備も一つ減り、最悪の場合買い換えも比較的容易になるのです。

効率を求めて設備同士を絡めるのは注意が必要です。
どちらかの設備が壊れれば使えなくなるような計画はやめておきましょう。
同じ設備費用を使うなら、何かが壊れても何かで補える工夫を考慮しましょう!
例えば、小型発電機、ポータブル蓄電池、ガスカセットボンベ発電機も有効です。

補足:災害時に電気自動車は有効かな?

電気自動車の電力を家に繋いで電力を賄うというテレビCMもありますが、果たして災害時に家に給電できるのか、プラグが届くところまで車が家に近づくことが出来るのか疑問が残ります。

家に留まる事の出来ない被害に合ったら…、そう考えると電気自動車ではなく、上記で書いたように持ち運び出来る発電機にした方が良さそうに思えます。

災害に注意を払っておられる方には、乗り込み高さのある4WDの車や、牽引免許の必要の無いキャンピングトレーラーが人気だとか…。

電気自動車は悪くはありませんが、個人的にも災害時に想像通りの利用が出来るのかは懐疑的です。
避難や非常時に車内泊できる車にしておくのも一つの案ですね。

貯水タンクが必要になる時、家の被害は?

太陽光パネルに蓄電システム、そして貯水タンク、それらが必要になってくる災害が起こると町や自宅は少なからず被害を受けている可能性があります。

想定外の大きな台風、水害が起こった時に本当に自宅に留まっている事が出来るのでしょうか。
いくら設備を整えても、家自体がしっかりした建物でなければ意味はありません。

そして、出来るだけしっかりした家を建て自宅の被害は少なく済んでも、地域的な被害を受ければ非難を余儀なくされるのです。

水の確保が大事なのは分かりますが、家族数日分の為に何百リットルの貯水タンクを床下や庭等に設置して、仮に断水時に利用できたとしても一時しのぎにしかなりません。

災害時の事を考えると持ち運びできるペットボトルの水を備蓄しておく方が良いのではないでしょうか。

家本体に予算を使いしっかりした建物にする。
災害時用の備蓄スペースを設け、持ち運びが出来る発電機や蓄電池、小分けになっているペットボトルの水を準備しておく方が無駄が無く効率的。

住宅設備機器はいつか必ず交換することになります。

住宅設備機器はいつまでたっても新しいままと言うわけにはいきません。

いずれ故障が起き、修理が必要なって、修理する為の部品がメーカーで作られなくなると新しく交換しなければならないのです。

十年一昔と言うように、故障していなくても古く感じたり、製品の性能が大きく変わると買い替えたくなるというものです。

そうすると、高額な初期費用を投じて付けた太陽光パネルや蓄電池システム、貯水タンクはどうなるのでしょう。

少し壊れたり、性能が落ちてきても簡単に修理・買い替え出来るものでもありません。
毎年メンテナンス・保守費用が必要になってくる可能性もあります。

メーカーに依存する設備選びは慎重にしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました