京都市で理想の家づくり

価値観が多様化してきたことで、建売住宅のように同じような家を買ったり建てたりすることがもったいないと思われる方が増えてきています。
家が古くなったらすぐに建替えるということはない時代ですから益々、自分達の住まい方に合った家づくりが望まれていくのではないでしょうか。

生活の仕方は家族によって違います

これまでに色々な住宅の設計に携わっていますと、依頼者によって住まい方や価値観が違っているのがよく分かります。

例えば、狭小住宅においてはプライベートルームは寝る時だけなので、必要最低限の大きさで良いから、普段居るLDKを出来るだけ大きくしてほしいと言うのもありました。

また、家族が多いから家事の動線が良いようにとか、今まで小さい浴室だったから今度は大きくしたい等希望や想いは様々でした。

注文住宅の良いところは建売住宅やプレハブ住宅と違って、時間を掛けてお客様と住まい方の相談が出来ますので、部屋の大きさや形、場所によってモジュールを変えたり、天井の高さを変えたりと、工夫やアイデアを盛り込めることが出来ることでしょう。
ニッチ一つをとっても、すぐに見積もりができ、施工前であればすぐに造ることも可能です。

建売住宅等でも出来ない事はありませんが、当初から予定されていない追加や変更は全てオプションとなり多めの費用が掛かってきます。

そして、生活には効率だけではなく、デザインやゆとり等も必要になってくると思うのです。

四角い部屋は、家具が置きやすく隅々まで使えそうで、一般的に考えると円い部屋よりも効率が良いように思えますよね。

でも例えば、少しアール(円く)になっている壁を設けてみると、空間の見え方も違ってきますし、好きな物を壁に飾ってみても印象がかなり変わってくるのではないでしょうか。

また、少し玄関を広めにして接客スペースや自転車の整備スペース等を設けたり、そんなことを考えながら自分達の住まい方に合わせられるのも素敵な家づくりとなります。

注文住宅で家づくりするメリットは大きい!

少し前に『安くて良い家はないです』でも書きましたが、注文住宅で家を建てることはけっして高くはありません。

大切な予算を出来る限り建物に使う為には私達のような建築設計事務所がお客様の立場に立って設計・監理し、施工業者との間に入っている方がコストパフォーマンスが良くなります。

家を建てるのに、いろんな人が間に入ってサービスが増えるほど、大切な予算から経費が取られているという事を知っておきましょう。

注文建築だと設計図書も作成されますから、10年後、20年後のメンテナンスやリフォームをされる際にも余計な経費が抑えられやすくなりますのでお勧めです!!