冬に暖かい住まいにするには

兼好法師の『徒然草(つれづれぐさ)』に

家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり。

とあるように、私たち建築設計士は現代でも住まいづくりは夏が快適に暮らせるように考えています。
でも、夏は快適でも冬には寒さに震えるほどの家もあり、意外に建替えやリフォームの判断は“家が寒いから”というものが多いのです。
地域的なこともあるかもしれませんが、建替えを判断するくらいの築年数の家屋では断熱性能も低いため、“家が寒いから”という理由になるのかもしれません。

私は寒がりなので計画時には暖かい家になるようにも考えています。

遮熱材や断熱材は良い物を選び、丁寧な施工をすれば効果あり。

節電やecoのこともあって、夏の暑さに対して遮熱材を併用したり断熱材をアップグレードされる建物も増えてきましたが、これは冬場でも当然効果があります。

特に数年前から使われるようになってきた遮熱材を併用することはお勧めです。
家を包むように施工すれば夏でも冬でもこれまでと違った快適さが体感できると思います。

でも注意が必要なのが施工です。
良い遮熱材や断熱材を使っても施工が悪ければ意味がありません。
隙間なく丁寧な作業が必要となってきますので、ちゃんとした工務店を選ぶのはもちろんですが、建築士にも監理してもらうのが安心だと思います。

窓やガラスも出来るだけ断熱性能の高いモノを選びましょう。

ここでは細かなことまで言いませんが、窓枠にもガラスにも色々と種類や性能の違いがあります。

上記で外壁の断熱性が有効だとも言っていますが、窓からの熱損失は外壁からの熱損失よりも多く、建物全体の約50%と言いますから、場合(建物の配置方向や部屋の用途など)によっては窓の断熱性を先に考慮する必要があります。

スタンダードな窓からすると断熱性能によってコストがあがりますので、LDKや居室、窓の大きなところを優先的に断熱性の高い窓にするのも一つの手段です。

安易なワンルーム化をやめたり、吹き抜けには工夫を。

家を広く感じさせるために出来るだけ室内建具を使わないようにするプランニングが流行ったことがあります。

こういったプランを考える方は「建具が減る分コストが抑えられます。」とか「空調機器も減らせられます。」とか「家族の気配が分かって良いですよ。」などと言いますが建物全体の断熱や空調計画がしっかりされていないと夏は暑く、冬は寒いだけです。
結局、後から建具を設けたり空調(冷暖房器具)機器を増やしたりされる方がほとんどなんですよ。

又、ワンルーム的なプランの中には、リビングに階段を設けて家族がリビングを通ってからでないと部屋に行けないようになっているタイプもありますが、あれも上記同様に断熱や空調計画がされていなければ寒いだけです。
階段を通って暖気は上に、冷気は下に降りてきますので必要に応じて建具が入れられるように工夫をしておきましょう。

吹き抜けについても同じで、天井が高くなり快適に思われるかもしれませんが冬場には暖気が上昇してしまいます。
LDに吹き抜けが設けてある場合は、暖房器具をつけていても室内はなかなか暖まりません。
化粧梁などを現してその上に簡易な天井用の建具が置けるように工夫してみるのも良いでしょう。

予算的に断熱性能が上げられなくても、個人的に床暖房だけは勧めるようにしています。
リフォームで床暖房を設置される方も多いと思いますが、新築される機会であれば、最初から設置計画をされることをお勧めします。
その際、出来るだけ部屋全体に設置される方が床暖房の効果がありますよ。