建替えかリフォームかで迷ったら

新築や建替え、リフォームなど、ご検討されている場合はお気軽にご相談くださいね。
ご希望や住まい方に合わせたご提案をいたします。
専門家を交えて考えてみる方が安心・納得でき、無駄なコストを削減出来ると思います。
HAS建築研究所は住宅を専門とした建築設計事務所です。

建替えかリフォームかは目的や用途を検討してから

建替えやリフォームを検討する場合のきっかけは、やはり住まい方において不便になったり、快適ではなくなった場合でしょうか。
下記のような理由で検討を始められた場合は建替えが勧められます。

  • 築年数が古く、住まいの躯体や設備の老朽化が目立つ
  • 耐震性や防災についてなどの家全体の安全性が気になる
  • 明らかに手狭になり、生活スタイルが変化している場合

建替えとなれば、これまでにもお話した通り、計画敷地に考えている大きさの建物が再建築出来るかどうか建築士に相談してから実行しましょう!
ごく稀ですが地域によっては現状の住まいより小さな建物しか建てられない場合もありますので注意が必要です。

建替えのメリット

やはり何もかも新しくなるのは気持ちの良いもの。
現代の建築基準に沿った建物であれば、耐震性についても安心ですし、間取りも自由です。
築年数の経っている建物のリフォームで問題となることの多い、地盤、基礎、構造体、電気配線、設備配管などが一から施工出来るというのは安心なことでしょう。

反対に、下記のような状況であれば、まずはリフォームから検討されることをお勧めします。
もちろん検討した結果、建替えになる場合もありますが、良い住まいは出来るだけ永く使っていきたいものです。

  • 建築当初から住んでいて建物の“設計図書”が残っている場合
  • 代々親族から譲り受けているなど歴史的価値がある場合
  • 家族構成が現状のままか少なくなる場合

水回りの設備を入れ替える時に伴うリフォーム程度なら気になることはありませんが、大きな改修となると“設計図書”が有るのと無いのとでは大きな違いがあります。

建売住宅と違い、注文住宅に資産的価値が残りやすいのは“設計図書”が有るのも理由の一つです。

リフォームの注意点

よく浴室やキッチン、トイレ等の水回りの設備を入れ替えるだけのリフォームがありますが、そんな時にもぜひご相談いただきたいと思います。

そういったリフォームの時にこそ“生活スタイル”を見直すチャンスです!

現在の生活スタイルに合うように間取りや動線を工夫し直し、快適にするからこそのリフォームですよ。入れ替えだけだけだなんてもったいない。

中古物件をリフォームする場合

京都市では町屋物件や古家付土地を購入してリフォームをされる場合も多いです。
(路地の奥など再建築不可な物件も多いからでしょう。)

これは場所によっては比較的安く購入でき、家の内部を自分たちの好きなようにアレンジ出来るからというものですが、工事を始めてみると想像以上に構造躯体などが傷んでおり、安くつくと思っていた費用が新築にする場合とあまり変わらないということもあります。

安心・納得できる施工が出来たのなら良いですが、予定以上の費用が掛かった上に今後10数年程度しかもたない感じでは後悔してしまうおそれもあります。

残念ながら日本では欧米のようにリフォームをしたからといってそんなに建物の価値があがることはありません。
リフォームの目的や用途に合わせて見極めが必要となってきます。

私達専門家にご相談いただくことで、きっと安心・納得のいく住まいづくりになると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする