住宅の屋根(材)も色々あります

家を建てる時に屋根の形状や材質にこだわりを持たれている方は少ないのではないでしょうか。
屋根の形状は直下の間取りにもよりますし、敷地に対する法規的な制限で決まってしまうことが一般的なので、予算内の屋根材であれば、色合いだけを選択されるぐらいだと思います。

屋根(材)の優先度は低くなりがち

屋根へ興味のある方からは、屋上にあこがれているから陸屋根にして欲しいとか、又は近年であれば太陽光パネルを取り付けたいという要望を伺うこともあります。

自分たちの価値観に合わせて住まいづくりをするのが注文住宅の醍醐味ですが、大概の方は間取りや住宅設備などライフスタイルを重視されるので屋根(材)への関心はあまりない方が多いです。
理由の一つは外壁とは違い、“住宅が完成すれば屋根はあまり見えることはないから”というもので、予算内で一般的なものであれば良いと考えられてしまいます。

住まいの寿命に関わる屋根(材)

住まいの寿命が屋根の良し悪しだけで影響されるわけではありませんが、屋根は毎日様々な気象の影響を受けています。見えにくいから気にならないかもしれませんが、劣化していくスピードは他の箇所よりも早いのです。
特にスレート屋根の場合は約10年ごとにメンテナンスをしていかないと雨漏りの原因にもなりますし、放っておけば屋根の下地材を傷めてしまうことにもなります。

HAS建築研究所では出来るだけメンテナンスが少なくなるように鋼板材を使った屋根を勧めています。

雨といは付けたいけれど

屋根について考えていくと、雨といも場合によっては取り付けなくても良いのではと考えてしまいます。
雨といが無いと、雨が降った時に軒先全幅から雨水が流れ落ちることになりますが、近年、雨が一度に多く降ることも多く、雨といがあることによって雨水がオーバーフローして雨漏りの原因になることもあるのです。

オーバーフローする原因は雨といの排水口が落ち葉などで詰まっていることがほとんどですが、住人が定期的に雨といの清掃をすることは難しいですし、2階建て、3階建ての勾配屋根に取り付けられた雨といを掃除することは一般の方には危険ですので勧められません。

軒先全幅から雨水が流れ落ちることさえ気にならなければ、雨といの留め金具を屋根に取り付けることもないので、屋根が傷む可能性を少しでも減らすことが出来ます。

メンテナンスの必要性が少なくなれば家も長持ちし、そのための費用を工面することも少なくなるのではないでしょうか。

屋根と雨といが一体となったデザインもある

屋根をスッキリ見せたい、既製の雨といを取り付けたくない等の理由でデザイン面の工夫から屋根材等を利用した一体感のある施工がされている建物もあります。

理想的な考えですが、こういった施工であっても排水口が詰まればオーバーフローしてしまうので、詰まらない工夫がされているか、管理・清掃しやすいかを検討しておく必要があります。

住まいの環境に合わせて選択する

手の届かない大屋根に雨といを設けないことも一つの考えだと思っていますが、玄関の上に庇を設ける場合は雨といはあった方が良いと思います。

建物が隣接してしまいそうな場合は、屋根の形状によっては流れ落ちる雨水が隣家に掛かってしまう恐れもありますので雨といは必要になってくるかもしれませんが、隣地に迷惑が掛からず、地上面での雨水の排水計画が可能なら検討されてみてはどうでしょうか。
(地上面に排水溝などを設けることは、管理・清掃が出来て良いですし、ゲリラ豪雨対策になるかもしれませんね。)

一度建ててしまうと屋根は簡単に改修出来ません。
屋根(材)の違いによるメリット、デメリットを確認し、建てた後のメンテナンスのことも考慮した上で、納得のいく住まいづくりをしてもらいたいと思います。