家を建てますか、買いますか

今年は消費税のこともあるのか、新築や建替えを検討されている方が多いようです。
近年、家の購入を検討されている方には“購入した新築住宅はずっと住む事を前提にしてはダメ”というような考え方もあるようです。せっかく購入した住まいに住み続けてはいけないとはどういうことでしょうか。

家を“買う”という考え方

残念ながら、今では家を家電や車を買うような感覚で購入される方が多くなりました。
ある程度希望に沿っていればお買い得感のある土地付き建売住宅や間取りがある程度自由になる売建住宅(土地を販売し建築条件付としている販売方法)を購入するというものです。
こういった住宅はある程度メーカーの仕様が決められていることがほとんどです。

上記のように“購入した新築住宅はずっと住む事を前提にしてはダメ”というのは、家電に寿命があるように、家もメンテナンス時期が来る前に買い替えをしていく方が良いという考えのようです。

何かしらのメンテナンスが必要になってくるのは築10年~15年くらいでしょうか。
屋根材や外壁材の補修、給湯器の交換や住宅設備の劣化によるメンテナンス費用が必要となってくると思われます。
しかしそのタイミングで買い替えをすることは普通ではなかなか出来ませんよね。
特に長期の住宅ローンを組んでおられると、担保割れの可能性もあるから不安です。

家を“建てる”という考え方

家を建てるという行為は専門家と一緒に自分達の価値観や想いを反映させることになります。
どのようにして自分達の家が建つのか知ることが出来る上、家がどういった設計で出来ているのか把握できるのです。

家を建てるといった考え方では我が家は唯一無二が当たり前。
家を買うのではなく、自分達の価値観に合わせてこだわった家を“建てる”と、愛着がわき住まいを大切に使いたくなります。
家族の人生や想いを蓄積していく家はモノではありませんから、ライフスタイルの変化に合わせて家もリフォームしたり、手入れをしていこうと思えます。

家を“建てる”ことのメリットは大きい!

“お金が掛かるだけ”と誤解されることが多いですが、私達のように住宅を専門にしている建築設計事務所に依頼されて家を建てることは実は大変メリットが大きいのです。

  • 自分達の価値観や希望に合わせた家づくりが出来る。
  • 家がどのように出来ているのか設計図があるためメンテナンスやリフォームがしやすい。
  • 設計図のあるオンリーワンの家は、設計図の無い家よりも資産価値の下落幅が小さい。

など、最初に設計・監理費用が必要となっても安心・納得のいく住まいづくりが出来るほか、全体的なコストを考えても実は得になる場合が多いのです。

家は建ててこそ価値がある!

家を建てるという事は、愛着もわき大切に使うので住まいも長持ちします。
住まいが長持ちすればお子様が受け継ぐことも可能です。
設計図書も揃っているのでメンテナンスやリフォームもし易くなるなる為、費用もいくぶん割安になるはずです。
たとえ、残念なことに住まいを売却することになっても、他と比較出来ない設計図書のあるオンリーワンの住まいは建売住宅のように資産価値が一気に下がることはありません。

家の設計図書というのは皆さんが思っておられる以上に重要で価値のあるものなのです。

これから新築・建替えをご検討されている方は、ぜひ信頼される建築士さんと一緒にオンリーワンの住まいづくりをしてみてください。安心・納得ですよ!