賢いリフォームの仕方

春には生活の変化が色々とあります。
変化に合わせてインテリアを変えてみたり、住まいのメンテナンスを兼ねたリフォームをされる方も多いのではないでしょうか。
インテリアを変えるだけであれば最近では個人で施工される場合もありますが、リフォームとなるとやはり建築設計事務所に一度ご相談される事をお勧めします。

最初の判断で変わってくるリフォームの満足度

リフォーム計画の大小を問わず、最初のご相談はぜひ住宅を得意としている設計事務所や建築士にご相談ください。

親族が工務店を経営されている場合等は別として、“近所に工務店がある”とか、“知り合いに工務店の方がいる”くらいであれば最初の相談は設計事務所にされた方が良いです。
もちろん最終的にはお知り合いの工務店などに施工をお任せしてもかまいませんが、設計事務所がお客様と工務店等との間に入っていることが重要となります。

設計事務所が関わっていない方が好きなように出来てコストも安く抑えられると思われる方がほとんどだと思いますが、それは大きな誤解です。
建築士がお客様の立場に沿って工務店との間に入ることによってコスト管理が行え、設計デザイン料が別途必要となっても工務店などが提出する見積り金額よりも安く抑えられることもあります。
建築士がアドバイスしたり見積りをチェックすることによって安心・納得のリフォームが出来るのです。

工務店などに直接依頼する場合のメリットとデメリット

工務店関係者の知り合いがおられますと気軽に相談出来るのはメリットの一つです。
またシステムキッチンや便器、ユニットバスなどを単体で新しく入れ替えるだけなら、お知り合いという事で心もち割引していただけるのもメリットでしょう。
(水回り設備を一度に入れ替えるような大きなリフォームの場合はメリットはないかもしれません。)

しかしその反面、そういった直接工務店に依頼された場合の工事中、又は施工後に起こるクレームは皆さんが想像されている以上に多いので、契約される前に工務店の評判を調べておくことをお勧めします。

よく耳にするクレーム

  • 工程や工事内容がアバウトで施工もずさん。
  • 見積もり金額から理由が分からず請求金額が増える。
  • 思っていた通りに施工されていなかった。
  • (人にもよるが)施工(管理)者が横柄(な態度で物事を勝手に決める)。

クレームの内容によっては、工務店の社長に文句を言えば改善されることもありますが、(見知った)工務店に直接依頼したからこそ強く抗議も出来ず嫌な気分になったと後悔される方が多いようです。

設計事務所や建築士がお客様のアドバイザーとして間に入ることで少なくとも理由もなく不当な請求はされませんし、安心・納得のリフォームをしていただけると思います。
新築や建替えについても同じなのですが、賢くリフォームしたいとお考えでしたら、ぜひお客様の立場に沿った設計事務所や建築士を見つけてご相談されることをお勧めします。