住まいの設計図面はお持ちですか?

あれだけ暑かった季節も朝晩は少し寒く感じるぐらいになり秋らしくなってきました。
猛暑の影響や台風による風雨によって住まいにメンテナンスが必要になったり、又はこの機会にリフォームを検討されている方も多い事でしょう。

住まいの設計図はいつでも確認できるところに。

計画的にリフォームされる方はやはり少なく、住まいに何かしらの問題が発生してから検討される方がほとんどです。
気軽にご相談していただけるのはとても嬉しいのですが、リフォームの計画や見積もりを作成するのに、お住まいの建物の設計図書などを見せていただきたいとお願いしますと「あったと思った場所に見つからない。」とおっしゃられる方がほとんどです。

水回り設備を入れ替える程度であれば図面等の有無はさほど問題ではありませんが、施工範囲や規模によっては設計図や建築確認申請図書一式は出来るだけ拝見させていただきたいです。

住まいの建築確認申請図書や実際に施工された設計図書等がある場合は、建物全体の大きさや形、各居室などの床面積や高さも把握できるためリフォーム計画もスムーズに行えますし、見積もりもある程度しっかりしたモノが作成できるようになります。
計画や見積もりがしっかりすれば、無駄な費用が掛かりにくくなることにもつながります。

建物の設計図書はその建物が存在する間は大切に保管し、引き継いでいただきたい書類です。
リフォームの計画時には、どんなふうに住まいが造られているかご家族で設計図書を眺めていただくのも良いかもしれませんよ。