今こそ注文住宅で建てよう

家づくりを計画する時、現在では様々な手段が考えられます。
住みたい地域を優先して検討すると、建売住宅や売建住宅(不動産販売業者との土地売買契約後、建築条件付きなどで間取りの検討が可能)しか選択肢が無かったと言われる方も多いのですが、土地をすでにお持ちの建替えや、土地を購入してからの新築であれば注文住宅にされるのをお勧めします。

住まいは長く使っていきたいという考え方の浸透

数年前まではまるで家電を購入するかのようなコストパフォーマンス優先で住宅を購入される方が多かったのですが、少しずつ丈夫な家づくりや省エネの事などを大切に考えられる方が増えてきました。
建売住宅などは比較的安く購入できるので初期費用を極力抑える事を優先されるのなら悪くはありませんが、注意しないと“安かろう悪かろう”になってしまいます。

  • 住宅ローンが払い終えるまでに大規模なメンテナンスが必要になる。
  • 断熱性能が低くエネルギーロスが多い。(光熱費が掛かる。)
  • 可変性の無い間取りで住まい方の変化に対応できない。

など、安易に住まいを購入することのデメリットがあげられます。
住宅設備機器はどうしても交換時期や寿命が訪れますが、建物自体は出来るだけメンテナンスフリー又はメンテナンスがし易いように工夫し、住まい方によって柔軟なリフォームが出来るように可変性のある家にしたいものです。

プランニングによって変わる満足度

住まいは間取りによって大きく変わります。
どれだけ建物の仕様が良くても、望んでいる住まい方が出来なければ意味がありません。
仕様については価値観や予算に合わせて間取りが決まってから検討すれば良いのです。
まずは納得のいく間取りを決めましょう!

プランニングは設計者の経験やセンスによります。
不動産広告を見ると時折ひどいプランニングを目にします。
住宅設計の経験はそれが建売住宅のように一般的なニーズ優先の設計としてなのか、又は注文住宅のように住まい手の為に設計をして積んできたのかにもよります。
住まい手と対話することによって希望をくみ取ってプランに反映出来る建築士に出会うか出会わないかで満足度が大きく変わってくるのです。

計画例変形敷地や狭小住宅でも様々な住まい方をご提案します。(イメージ画像)

予算を大切に使いたいなら注文住宅

注文住宅と言うとなんだかたいそうに思われるかもしれません。
今でも“建築設計事務所に依頼すると高くつく”と誤解されている方がほとんどです。
でも、せっかくの予算を大切に使いたいと思っておられる方こそ注文住宅を検討されることをお勧めします。

社内に設計部門がある建売業者や工務店などに依頼した場合は、見積書に『設計・監理料金』という項目は無いかもしれません。
設計料金が無料だから得したと思っておられませんか?
それが誤解の始まりかもしれません。
会社としての利益・経費・人件費・広告費などがあなたの家の工事費用に含まれていることを考えなければなりません。

では、建売住宅などが安く感じられる価格になっているのはなぜでしょうか。

それは建物本体の価格が抑えられているからです。
建築部材の大量仕入れや企業努力によって良い品質のモノが使われていることもありますが、大抵は安い部材が使われていたり、安く抑える工夫がされています。
例えば、基礎が最低限のレベルであったり柱等の構造部材が細かったり、屋根材・外壁材が安いモノであったり、断熱性能が低かったりなどです。
建売住宅などがローンを払い終わる頃には建替えなければならなくなるのも建物として耐久性が低い為なのです。

HAS建築研究所ではお客様の立場にたって安心・納得のいく家づくりをサポートを致します。
HASの設計・監理料金 < 施工会社の利益・経費・人件費・広告費など
(ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。)

注文住宅のメリットとは

注文住宅では建築士からの提案を受けて色んなことを判断したり、打ち合わせに時間が必要になったりとしますが、安心・納得の家づくりをする上ではメリットしかありません。

注文住宅は“依頼主の為”に考えられた住まいで、それは唯一無二です。
一般的なニーズに合わせて建てられた家と比較されることはありません。
その家はどういった想いで建てられたか、詳細な図面で建物の価値が記されています。
詳細な図面があるということは、リフォームがし易いということも言えます。
建築後のメンテナンス費用が抑えられるのも重要です。

注文住宅は建売住宅などと比べて資産価値が下がりにくいのもメリットの一つですよ。