「 住まい 」一覧

住まいの設計図面はお持ちですか?

住まいの設計図面はお持ちですか?

住まいの建築確認申請図書や実際に施工された設計図書等がある場合は、建物全体の大きさや形、各居室などの床面積や高さも把握できるためリフォーム計画もスムーズに行えますし、出来るだけ無駄のない見積もりが作成できるようになります。

2016年5月住まいづくり【もの知り講座】

2016年5月住まいづくり【もの知り講座】

住まいづくり『もの知り講座』はこれまで不定期で主催していた講座です。今回のテーマは上手な建替えについてです。家を建てる前にぜひ知っていてもらいたい基本的な問題やノウハウについてお話しします。ちょっと知っておくだけで、安心・納得の住まいづくりが実現できますよ。

家を建てますか、買いますか

家を建てますか、買いますか

今年は消費税のこともあるのか、新築や建替えを検討されている方が多いようです。近年、“購入した新築住宅はずっと住む事を前提にしてはダメ”というような考え方もあるようですが、せっかく購入した家に住み続けてはいけないとはどういうことでしょうか。

住宅の屋根(材)も色々あります

住宅の屋根(材)も色々あります

家を建てる時に屋根の形状や材質にこだわりを持たれている方は少ないのではないでしょうか。住宅の屋根(材)への優先度は低くなりがちですが、屋根材や屋根の仕様に少し興味を持ってメンテナンスを減らすことが出来れば住まいは長持ちしますよ。

住まいづくりのご相談はお気軽に

住まいづくりのご相談はお気軽に

HAS建築研究所ではゴールデンウィーク期間中も住まいづくりのご相談に対応しています。まとまった休暇の間に、気になっていた住まいの新築や建替え、リフォームについてなど一緒に考えてみませんか。京都駅や京都水族館から近いのでお気軽にご相談ください。

階段の工夫で快適な動線

階段の工夫で快適な動線

住宅の計画において階段の配置はとても重要です。家の中の動線をいかに無駄なくスムーズに出来るか工夫することによって快適な住まいとなります。こちらは上り口が2箇所の階段ですが、下り口が2箇所の階段などHASでは住まい方に合わせて様々な工夫をしています。

買ってはいけない住まい

買ってはいけない住まい

注文住宅にしたいけれど、希望地域や予算の都合で建売住宅や中古物件を購入する場合、買ってはいけない住まいの注意点を書いています。買ってから後悔しないためにこんなプランニングを提案してくる会社があれば再検討してもらうより専門家に依頼しましょう。

冬に暖かい住まいにするには

冬に暖かい住まいにするには

冬に暖かい住まいにするためだけではなく、夏の気候に対しても遮熱性能や断熱性能にこだわった住まいも増えてきています。しかし良い遮熱材や断熱材を使っても施工が悪ければ意味がありません。ちゃんとした工務店を選ぶのはもちろんですが、建築士にも監理してもらうのが安心だと思います。

家のモジュールを知ろう

家のモジュールを知ろう

家を建てる為の設計図で、まず最初にご覧になるのが平面図でしょう。平面図で間取りを考えたりするわけですが、モジュールが上手く計画されていないと住まいが狭く感じたり、動線がスムーズにいかないこともあります。これからの家づくりはモジュールも大事な項目です。