施工不良

住まいの計画

平成から令和への家づくり

平成時代で思い出される家づくりは、2階建てから3階建てが主流になってきたこと、そして最低でも一家に一台車の駐車スペースを設けることでしょうか。敷地内に車が二台駐車できるようにするのも珍しくはありませんでした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました