大工さんと良い家づくり

建築士にも住宅が得意だったり、不得意だったりする人もいるように、大工さんにも新築が得意だったり、不得意だったりする人もいます。
また、大工さんによっては建売住宅しか建てたことのない方やリフォームしか経験のない方もいるのだとか。

大工さんの細分化が進んでいる!?

現場で大工さんの作業を見たり話をしたりすると、当然ながらに大工さんの経験による“手腕”の違いがあることを知ることになります。
私達建築士から見ると、設計図の認識(理解)力、作業の丁寧さ、施工の段取りや予測、各部の納め方などに経験や個性の違いがあるのかなぁと思います。

反対に我々も大工さんから見られているわけですから、色々と日々精進していかなければならないところです(笑)

さて、大工さんから話を聞いたりすると、人手不足の影響もあるのか、大工さんの中でかなり細分化が進んでいるようなのです。
ようするに、新築する方、リフォームする方、建売住宅を建てる方等に分かれていて、どんな種類の施工にも対応できる大工さんが少なくなってきたんだそうです。
(※傾向としてです。工務店によっても違います。)

大工さん内の話では、「リフォーム専門の方に新築の現場は任せられないから手伝ってもらうだけ」ということも。
建売住宅ばかりをこなしている大工さんは、何棟も同じ作業をしているため、本当にプラモデルを作るように短期間で建てることに特化されているとのことでした。
しかし同じ新築でも細かな変更や工夫の必要とする注文住宅には対応が難しいとのことでした。
※建売住宅であれば資材に無駄なく短期間で同じ建物が建てられることは良い事なのでしょう。

上記のように細分化が進んでいるのなら、新築や建替えにはそれなりに経験のある大工さんが付くことになると思われます。
しかし、人手不足や工期などの問題からどういった大工さんが担当になるか分からないこともあるかもしれません。
これから新築や建替えを検討されている方は依頼している建築設計事務所から工務店へ現場を受け持つ大工さんの事を聞いてもらったり、契約時に直接工務店へ尋ねてみても良いかもしれません。

経験の多い少ないがあるのはどんな業種でも同じですが、家を建ててもらうなら注文住宅に“興味”を持っておられる大工さんにお願いしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました