山鉾町の京町屋を建替える

京都特有のうなぎの寝床地形にバリアフリー二世帯住宅を建てる。

この住宅は、間口が5m強、奥行きが20m弱の細長い京都の町屋の典型的な敷地に建っています。
奥行きが長くなると採光や採風が難しくなりますが、その点もしっかり考慮し、中庭や坪庭・渡り廊下・トップライト等、旧来町屋のアイテムを取り入れ住みよい工夫しています。
又、旧家屋解体時に再利用できそうな梁材や無垢の板材・箱階段・建具などは丁寧に取り外しておき、新築時に活用しています。
外観からは想像できないくらい明るく広々しています。

外観

京都市 木造3階建 住宅 うなぎの寝床

間口が狭く、採光に工夫が必要です。
中央の大き目の窓は家具搬入口としても考えられたいます。
窓枠の色も特注で焼き付け塗装がされています。

2階に配置のリビングダイニング

リビング 中庭

正面奥はデッキコートになっています。
デッキにはトップライトも設けてあり、1階にある祖母の寝室への採光の役割をしています。
このデッキがあることによって、通風も良く、快適な空間になっています。
左奥はキッチン、廊下、エレベーターホール、座敷と続きます。ガス温水床暖房も完備!

2階の座敷

和室 吊収納

夜間の撮影だった為、窓が黒く写っています。
中央の窓は前面道路からの大型荷物搬入用として計画時より要望されていたものです。
写真には写っていませんが、左手には床の間が設けてあります。

3階の渡り廊下

渡り廊下 ガラスの屋根 サンルーム

正面奥は3階の和室(個室)になっています。
向かって左側が2階のデッキコートの上空になります。右側はデッキになっています。
向いている方向が南側になっており、このデッキコート部分の吹き抜けを設けることによって南からの日差しが入りやすくなっています。
又、各部屋との独立性もあり、動線・目線のアクセントにもなっています。
洗濯物は1階にある洗い場からエレベーターで簡単に運べるようになっています。こうゆう密集地の3階建てには大変便利です。
このスペースは冬季にはサンルームとしても利用できます。