旗状敷地に建てる機能的な住宅

明るく通風の良いモダン和風な家づくり。機能的で収納スペースも十分!

この住宅は、間口2.98mのアプローチを約6.5m入ると12m×10.8mの長方形になっている旗状敷地です。
また地質調査の結果、地盤改良を必要としました。地盤改良の予算を検討しなければなりませんでしたが、既存建物の増築部分の傾きなどの原因も判明してすっきり。
計画にあたっては今までなかったガレージを設けること、採光や通風の考慮、収納スペースの十分な確保、法事の出来るゆったりの居間、機能的なキッチン等の要望を踏まえ、4ヶ月間のコラボレーションを経てまとまった住まいとなっています。

外観

旗状敷地

地形を活かした形状になっています。

玄関ホールです

ホール 床暖房 シューズルーム

床暖房も設置されていて、トップライトのある大きな吹抜けホールとなっています。
このホールは接客スペース、個人のくつろぎの場としても利用されるところです。
ホール上部が吹抜けになっており、接客スペース用の椅子とテーブルが置かれている所となります。
又、背後の壁は1・2階部分共、窓になっているので、来訪者がホールに立つと吹抜けを介して空まで見えるようになっています。
階段左側に見える扉はシューズルーム、玄関からも出入り出来るようになっています。
壁には米松化粧合板が貼られており、暖かいモダン和風の雰囲気を漂わせています。

居間

居間 床の間

天井は竹の網代と杉板、壁はじゅらく壁、床はフチナシ畳。(床暖房完備)
正面には大きさの違う襖戸が3枚。床の間と仏壇が見えたり、床の間だけがオープンになったり、もちろん全てを閉じたりも出来るようにしています。

居間

居間 にじり口

前の写真の反対方向を見た写真になります。
床の間の反対側は段落ち板間になっており、玄関からにじり口があるのも特徴です。

ダイニング

コンパクト ダイニング

食事はご夫婦が済ませる程度にし、調理師の奥様の作業のし易さを優先にコンパクトに計画されています。
半円型のテーブルは折りたたみ可能です。

天井収納庫です

天井収納庫 屋根裏部屋

左手前は2階の収納箇所に仕込まれた隠し階段から天井収納庫への出入り口。
右奥は2階からの吹抜部分となっており、天窓からの明かりによって、収納庫内、2階を明るくしています。
背面にも屋根を点検するための開口窓が設けてあるため、収納庫にするには惜しいほど明るく、通風も良い空間になっています。