RC造、木造、鉄骨造という混構造の注文住宅

白色が基調のアート感覚のある楽しい住まいです。構造や間取りに特徴があります。

この住宅は、独立型二世帯住宅になっており、コチラは娘さんの住まいになっています。
2軒分の間口は約33m、この建物だけでも約18mという大きさです。
お知り合いの方が工務店を経営されており、HAS建築研究所の設計・監理の基で施工されました。
希望としては、依頼主がピアノの先生なのでグランドピアノが2台入るレッスンルーム、それから真っ白な家にしたいということ、絵が好きなのでギャラリー風な雰囲気が欲しいとのことでした。
一見大きく見えますが、裏側(南西側)は変形敷地の為建物は北側(道路側)に配置しています。

木造・RC造・S造の住まい

外観

左側に見えるのが両家共通の門となります。
手前の未舗装部分が道路として拡幅される部分です。
ガレージ部分とその上階はRC造になっており、ガレージ上階はピアノのレッスンルームになっています。

2棟の外観

2世帯住宅

違う方向から見ています。奥に見えるのがお父さんの住まいです。

アプローチです

アプローチ 回廊

とってもユニークな住まいになっています。
ギャラリー風にしたいとの要望でしたので、主玄関までのアプローチを回廊風ギャラリーにしてみました。
ライティングされている箇所に絵を飾られる予定です。
このアプローチの突き当りを右に行けば玄関があります。
外部である手前が明る過ぎて奥が暗いように感じますが、実際は壁の反射光、天井にあるトップライトからの光で明るく、玄関もほどよく明るくなっています。

アプローチの天井はガラスです

トップライト 強化ガラス

上の写真でも少し写っています。天井(2階廊下の一部)が強化ガラス張りになっているのが特徴です。
夜の雰囲気は相当に綺麗ですよ!

玄関です

玄関

玄関土間内部まで2つ前の写真のように少しピンクがかったクォーツ石乱張りになっています。
載ってはいませんが、玄関を入ると1階ホール・廊下等の床材は真っ白な大理石張りになっています。
壁も白、ほんと真っ白で品があって、配置されている骨董家具がすごく合っています。
写真では暗いように見えますが手前西側に大きな窓があるのと、ホール上部に天窓もあり1日中明るい玄関になっています。
アプローチから入ってくると「おぉ~」っと言ってしまうこと間違いなしです。

玄関ホールの吹抜けです

ホール 吹き抜け

上の写真の玄関ホールを見上げたところです。真っ白で明るい玄関です。

リビングです

リビング

奥行きがあって、形も一般的な長方形ではありません。
大きさはLDKで26畳弱あって、写真には写りきらないのでリビングコーナーの一部を載せました。
家具や照明器具などの趣味の良さには感心します。とっても居心地が良さそうでしょ?
天井に円く写っているのは吸音材です。ちょっと吸音材があるだけで耳の疲れ方が全く違うんですよ。

レストルームです

レストルーム

洗面所ではありません。レストルームです。
ここはピアノ教室に来られるお子さんや、ご両親、もちろんお客様等に使っていただけるようにしたいと奥様と最後までどうしようかと悩んだところです。
鏡や照明器具、水栓金具などこだわりの一品です!

スキップフロアです

スキップフロア

この写真は階段を数段上り、中二階のレッスンルーム入口付近です。
左手にレッスンルームへの扉が見えてます。
残りの段数を上がると2階のフロアとなります。

階段です

階段

上の写真を反対から見たところです。

レッスンルームです

レッスンルーム

外観写真で見えるガレージの上階の内部はこんな風になっています。防音や吸音計画が難しかったのを思い出します。
天井際に見える横長の窓がありますが、そこには間接照明も設置されており、夜間の外観には目を引くものがあります。
もちろん内部も落ち着いてピアノが弾ける雰囲気になっています。

2階ガラスの廊下です

廊下 強化ガラス

アプローチのところで見上げた写真を載せてましたが、内部はこんな感じです。
突き当りがプライベートルームになっています。完成当初は歩いていくのが怖いとおっしゃってましたが、今はどうなんでしょうか。なんせ、下からは丸見えですからね。
アプローチのイメージなども考慮してのことですが、私達の提案を受け入れてくださって感謝!です。

2階廊下の吹抜です

トップライト

上の写真を見上げるとこんな感じです。建物の内部にある廊下ですが、大きく天窓を設けて明るくしています。
この光がアプローチにも届きます。