ユーティリティー・ルームを設けよう

雨の日が多くなるとどうしても洗濯物は室内に干してしまいます。
雨の日でもベランダなど家の外に干す方が乾くと聞きますが、雨の降る量や風向きによっては躊躇しますよね。干しっぱなしにも出来ませんし…。
これから住まいを計画される方はユーティリティー・ルームを設けられることをお勧めします。

ユーティリティー・ルームの便利なところ

建築ではユーティリティーとは洗濯やアイロンがけが出来る家事室という意味合いになっています。
間取りの計画によっては洗面所や浴室に隣接されることもありますし、動線を考慮してキッチンの近くに計画されることもあります。どちらにしてもライフスタイルに合わせて建築士とご相談されるのが良いでしょう。

ユーティリティー・ルームの用途を考えると、たいてい洗面所や浴室が隣接されているので衣類や使ったタオルなどが短い動線で洗ったり干したりすることが出来ます。

一般的な間取りでは約一坪の洗面脱衣所に洗濯機も置かれており、洗濯すればリビングダイニングや居室に面したベランダに干しに行くことになります。
これでは動線も長くなり家事の負担にもなります。

場合によっては家族の部屋を通ってベランダに出なければならないこともあり、気を使わなければならないこともあるようです。

特にリビングダイニングに干し場となるベランダが面している場合では、急な来客時にはベランダに干していても洗濯物が見えてしまいますし、部屋内に干していれば移す場所に困ってしまうと、気にされる方が多いです。
このような生活感を見せたくないと思っておられる方にとってもユーティリティー・ルームは便利な空間になります。

共働きのお家には特におすすめ!

共働きや、奥様の外出が多いお家はユーティリティー・ルームがあるととても便利です。

動線が短いので家事の時間も短縮できますし、干しっぱなしでも安心です。
雨が多いこの時期だけではなく、花粉や黄砂が飛ぶ時期も比較的影響は少なくなります。

実例では洗面脱衣所にユーティリティー・ルームを合わせると、約6畳くらいになりました。
ユーティリティー・ルームにはタオルや寝間着などが収納できるスペースも設けてあったので、洗って・干して・しまってと、便利でとても喜ばれました。
アイロンがけも衣類を1点ずつハンガーから取りながら行えるので効率よく綺麗に出来ますよ。

問題は湿度について

湿気対策としてはやはり除湿機を設置します。
効率良く日常的に除湿機を作動させておくことによって、浴室や洗面所からの湿気なども除湿出来るので快適になります。

一般的な2畳ほどの洗面脱衣所にわざわざ除湿機を置くことはありませんので、上記の例のような6畳くらいの床面積になる方が除湿機の利用価値も大きくなります。
最近の除湿機は空気清浄機能も備えてあるので花粉の時期に対しても有効ですね!