用途変更

仕事

宿泊事業を止めたら建物の用途に注意

簡易宿泊所やホテルなど、旅館業法の許可を受けて宿泊事業をされている方も多いとは思いますが、もし諸事情で事業を止められた場合はそのまま放っておいてはいけません。特に建物の用途変更をされている場合には注意が必要です。忘れた頃に高額な固定資産税を払うことになってしまいます。
住まいの計画

木造の家を活用しやすく、建てやすく

建築基準法の一部を改正する法律(平成30年法律第67号)が本日(令和元年6月25日)施行されました。200㎡以下の用途変更の確認申請が不要となること、耐火構造等としなくてよい木造建築物の範囲が拡大したこと等で、既存住宅の活用や木造建築の推進がなされています。
住まいの計画

京都市で用途変更する

京都市の用途変更には住宅や事務所からゲストハウスにされたり、店舗や飲食店にされたりする方が多いです。これまではすぐに潰して建てての繰り返しでしたが、住宅の一部を店舗にして住みながら自分のお店をされる方も多いみたいです。
仕事

東寺の近くにもうすぐ完成するホテル

一昨年から計画と実務に携わっていたホテルがもうすぐ完成予定となりました。オーナーの意向で元々建っていた住宅を壊さずにホテルに用途変更したものです。ロケーションも素敵ですが、建物はとても凄い仕様になっていますのでまたご紹介していきたいと思います。
仕事

ゲストハウスへの用途変更について

ゲストハウスとして利用する延床面積が100㎡未満の場合は用途変更の確認申請は必要ありません。計画建物の延床面積が100㎡を超える為、用途変更についてお問い合わせをいただくのですが、難しいのが『検査済証』の無い建物についてです。
タイトルとURLをコピーしました