木造住宅の耐火建築物

『魚とく』さんという“京のみそ漬”(西京漬け)のお店が堀川通丸太町を少し上がった(北に行った)西側に11月12日にOPENいたしました。
HAS建築研究所が設計・監理に携わっており、今年の春頃から建築が始まり先日完成いたしました。木造三階建て店舗付住宅となります。

美味しい京のみそ漬(西京漬け)なら『魚とく』さんです

とにかく美味しい“京のみそ漬”が人気で、地元の方はもちろん全国から注文があるそうなのでご存知の方も多い事でしょう。
これまでは烏丸通御池上ル(北に行った所)に御池店があり、実はそちらもHAS建築研究所に任せていただいたのですが、今回の移転先でも依頼をしていただけたのです。
(今回は数社と比較検討されていたそうですから選んで頂けて光栄です。)

大きな敷地ではありませんが限られた面積で工夫を凝らした設計計画になっており、内外装の色合いなどはほぼ依頼主ご家族の要望に沿ったものになっています。
建築中には何度も打ち合わせを必要としましたが、その分想いの詰まった店舗付住宅となったのではないでしょうか。
お店の写真は載せませんので、一度お店に足を運んでいただけると嬉しいです。
みそ漬けもぜひ召し上がってみて下さいね。

京都 魚とく

『魚とく』様のホームページへはこちらから

建物についてちょっと一言

『魚とく』様の建物は木造三階建ての耐火構造という珍しい建築物でもあります。
京都市内では木造住宅の耐火建築物はほとんど無い為、今回携われたことに感謝したいと思います。
現在は環境問題もあり、RC造や鉄骨造等より木造が注目されているのはご存知の通りです。
今回も通常なら鉄骨造が考えられたところですが、SDGs(持続可能な開発目標)の観点から、将来における可変性なども考慮し木造にしたとも言えます。
(もちろん依頼主の考えに沿ってです。)

事例が少ない為、対応できる建築設計事務所は少ないと思われますが、もし木造住宅でRC造のような耐火建築物に興味のある方は一度ご相談下さい。

今後、メリット・デメリットについては忘備録として書いていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました